EditRegion3

血虚=貧血で冷え性・生理不順・生理痛・不妊症

 

貧血の原因と漢方処方
貧血の原因には、必須ミネラルの一つである鉄の不足による影響といったことが一般的によく知られており、確かに貧血の中で最も多いとされているのが【鉄欠乏性貧血】ですが、それ以外にも【ビタミンB12】や【葉酸】といった栄養素が不足していることが原因となって起こる【悪性貧血】や、なんらかの病気を起因として発症する種類の貧血もあります。

鉄欠乏性貧血
貧血の種類の中で一番多いタイプが【鉄欠乏性貧血】で、体内で鉄が欠乏していることによりヘモグロビンの合成が正常に行われない為に引き起こされます。
鉄という栄養素は体内では作ることができないので、鉄を含んでいる食べ物から摂取する必要があるのですが、鉄の吸収率は極めて低いことから食品などから摂取する際もちょっと工夫をするとか、食事で補いきれない場合であればサプリメントなどで補給するといったように心掛けることが大切です。
ちなみに、鉄の中でも肉類や魚介類に含まれている【ヘム鉄】は比較的吸収率が良いのですが、野菜類や海藻類に含まれている【非ヘム鉄】は吸収率が低いです。

悪性貧血
悪性貧血というのはビタミンB12や葉酸が不足して起こる種類の貧血で、これらの栄養素が欠乏することにより造血障害が引き起こされ、巨大な赤血球を生じるため【巨赤芽球性貧血】とも呼ばれています。
昔は原因不明で生命の危険にも及ぶ貧血として扱われていたことから悪性貧血と呼ばれるようになりましたが、現在はビタミンB12や葉酸を補うことで症状が改善されることが判明しています。このようなことから、悪性貧血はビタミンB12や葉酸の代表的な欠乏症として知られています。
悪性貧血の特徴的な症状としては舌炎が挙げられますが、知覚・運動障害の神経症状などが生じることもあります。

病気を起因とした貧血--------貧血の種類には、先に述べた【鉄欠乏性貧血】や【悪性貧血】といった赤血球をつくるのに必要な栄養素が不足することで発症するタイプの貧血の他に、その他の原因によって造血作用に異常を来すことで生じる【溶血性貧血】や【再生不良性貧血】、さまざまな病気が原因となって引き起こされる【続発性貧血(二次性貧血)】があります。
このように貧血と言っても、発症を引き起こす原因の違いにより幾つかの種類の貧血があることから、慢性的な貧血症状に悩まされている人であれば、単純に鉄分の不足だろうと自己判断をせずに、一度病院で診断してもらうようにすることが重要です。

貧血に良い食べ物---------貧血の種類には原因の違いにより幾つかのタイプがあるのですが、ここでは一般的に多いとされている【鉄欠乏性貧血】と、ビタミンB12や葉酸といった栄養素の欠乏が原因となって生じる【悪性貧血】の予防に役立つ食べ物・食材を紹介します。
豚・鳥・牛のレバー----------肉類のレバーは鉄分を豊富に含んでいる代表的な食品であり、なおかつ鉄分の中でも体内で吸収率の高いヘム鉄であることから、鉄欠乏性貧血の予防・改善にとっては特にお勧めな食べ物・食材と言えます。また、肉類のレバーにはビタミンB12や葉酸も多く含まれていることから、悪性貧血の予防にも効果的であると言えます。
シジミ・アサリなどの貝類-----------シジミやアサリといった貝類にも鉄分が多く含まれており、吸収率の高いヘム鉄なので鉄欠乏性貧血の予防・改善に効果的です。また、シジミやアサリにはビタミンB12もひじょうに多く含まれているので、悪性貧血を予防する上でも良い食べ物と言えます。
ほうれん草・小松菜---------ほうれん草・小松菜は野菜の中でも比較的鉄分が多く含まれており、ヘム鉄と比べて吸収率が低い非ヘム鉄なのですが、吸収率を高めるビタミンCを多く含んでいることから、鉄欠乏性貧血に良い食べ物と言えます。また、葉酸の含有量が多いので葉酸の欠乏による悪性貧血にも効果的であると言えます。
ひじき・切干し大根---------ひじきには鉄分がひじょうに多く含まれていますし、切干し大根も野菜類としては鉄分の含有量が多い部類に入ります。両方とも吸収率が低い非ヘム鉄ですが、ビタミンCを含んだ食品と一緒に摂取することで吸収率が高まり、効率良く鉄分を補給できます。また、ひじき・切干し大根ともに葉酸が含まれているので、葉酸不足による悪性貧血にも良い食べ物と言えます。
マカマカ----------インカ帝国時代から重要な植物として栽培され、昼夜の過酷な温度差の自然環境で育ち、土壌の栄養素を満遍なく吸い取るため、一度マカを栽培した土壌は数年間不毛になるといわれています。
約2000年前にすでにアンデス高地で栽培されていて、現在、マカは、原産国ペルー政府にとって貴重な外貨獲得資源になっており、マカそのものをペルー国外に持ち出すことは法律で禁止されています。

鉄の吸収率を高める料理
鉄という栄養素は体内での吸収率が高くないので、食べ物から摂取する時にはチョットした工夫が必要です。食べ物に含まれている鉄の吸収率を高めるには、ビタミンCを多く含んだ食品と一緒に摂取すると良いので、食事をする時にはビタミンCの多い野菜や果物も積極的に食べるように心掛けましょう。
また、鉄を含んだ食材に限らず料理を作る際には、鉄鍋や鉄のフライパンといった調理器具を使うことで、料理に調理器具の鉄が少しずつ溶け出すことで鉄を摂取できます。

冷え症・貧血(血虚)は万病の大敵

漢方薬の中には末梢血流作用があるものが多く、また補血作用や体の中心から保温する働きに優れている漢方生薬も多く存在します。

約2000年前に発表された漢方医学の医学書、傷寒雑病論と金匱要略では、風邪の治療と現代にも通用する慢性病を論じています。その医学書の中では、冷え性に加え、生理不順や生理痛、不妊症などへの対応したものも少なくなく、2000年前の人たちも現代人と同じ苦しみで悩んでいたんだと理解できます。
貧血・生理不順・不妊症・生理痛・浮腫み易い体質は漢方薬がベストだと思います。

貧血、漢方医学でいう血虚に使用される漢方処方

人気もの阿膠は血虚の婦人病以外にも、その補血作用は乾燥肌、美容に利用

 

天然生薬阿膠は止血・補血・滋陰・潤燥・安胎効果等に利用され、漢方理論では、阿膠は様々な症状と密接に関わりを持ち、効能も幅広く、不正出血や生理不順の緩和、出産後の滋養や抜け毛の改善、便通の改善、貧血予防などの治療効果の他、肌荒れ・乾燥の防止、代謝の促進などの美容効果があります。




● 薬理作用: 血液凝固抑制作用、制腫瘍作用 、出血・吐血・下血・月経不順
● 効能・用途: 月経過多・肺虚による喀血。止血薬として、血管壁弛緩と血液凝固減退の為に起る血液の浸透性亢進による出血に応用する。また、包摂薬として化膿、疼痛、利尿減少または頻数にも用いる。

 

 

 

血虚とは、血のもつ濡養(栄養・滋潤)作用の不足のことで、原因として、脾胃の運化作用の低下にともなう血の生成の不足、出血や血液破壊による血の量の不足、循環不全(血オ)による血の供給不足が考えられます。

尚、血虚と言ってもそれぞれの臓器にも起こりうる現象で、婦人病だけではありません。

例えば肝血虚・腎血虚・心血虚などもあり、血虚の状態がそれぞれの臓器に起こります。

ここでは、主に女性に起こり易い血虚(貧血傾向・眼精疲労・生理不順など)のことを解説いたします。

 

主な血虚症状
顔色が悪い・皮膚に艶が無い・唇のあれ・爪が割れ易い・目がかすむ・目が乾く・目がくらむ・ふらつく・動悸・四肢のしびれ感・筋肉がひきつる・筋肉のけいれん・舌質はやや淡白・脈は細。
心血虚(心の「神を主る」「血脈を主る」の機能異常)不眠・夢をよくみる・動悸・不安感・健忘など特徴である

肝血虚(肝の「血を蔵す」「目に開籔する」「筋を主る」の機能異常)目がかすむ・目の乾燥感・筋のけいれん・手足のしびれ・脈は弦細、女性では月経のおくれ・月経血の過少・無月経などが特徴です。

いずれも、脳の抑制過程の機能低下・自律神経系の失調・心筋や筋肉の代謝異常などによって生ずる症候と考えられます。
【論治】

治法は補血(養血)です。

一般に当帰・熟地黄・奇薬・何首烏・阿膠・早蓮草を用い、心血虚には丹参・酸渠仁・柏子仁・遠志・竜眼肉などの養心安神薬を、肝血虚には拘杷子・桑甚子・鶏血藤などの補血養肝薬を加えます。

補血薬は、滋養強壮・栄養・神経機能改善などの作用があり、間接的に造血機能も促進します。ただし、補血薬は味がしつこく消化不良を起こしやすいので、健脾薬を配合するとよいです。
【代表方剤】

●補血剤。
帰脾湯・四物湯

補肝湯

加味帰脾湯

十全大補湯気血両虚剤

芎帰膠艾湯など

 

 

2000年以上前から漢方薬は婦人病と取り組んできました

 

婦人病、血虚(貧血傾向・眼精疲労・生理不順)に利用されている漢方処方

 

当帰芍薬散-------2000年前の医学書、金匱要略記載、体を温めて血流を改善する漢方処方で、痛みをやわらげたり、貧血症状やホルモンバランスを整える効果も期待でき、排尿を促進して水分の代謝異常を改善する効果もあります。
妊娠安定のための服用も多く、体の血・水のバランスを整えますので、
体の疲れ・冷え性・生理不順・生理痛・貧血症状・不妊症・習慣性流産・むくみ・頭痛・めまい・肩こり・目の周辺のくま・更年期障害・下腹部痛・ネフローゼ・浮腫み・慢性腎炎・高血圧などに使用されています。
漢方的な考え方は
応用では慢性腎炎・ネフローゼ・血圧異常・腰痛・座骨神経痛・耳鳴り・
当帰四逆呉茱萸生姜湯-------2000年前の医学書、傷寒雑病論記載、風邪のことを論じた医学書ですが、応用に応用を重ね、末端冷え性や生理不順・不妊症・しもやけ等にも使用されています。
血行をよくして、体を温める作用があり、冷えによる痛み(座骨神経痛・下腹部痛・腰痛・頭痛など)を軽減します。

 

 

温経湯--------同じく金匱要略記載、ロバの皮(阿膠=コラーゲン)が含まれている温経湯は、血液循環を改善しながら体を温め、貧血症状・乾燥肌・ホルモンバランスを整える効果も期待できます。皮膚や唇がカサつく傾向の方の、生理不順や生理痛・下肢の冷え・腰痛・しもやけ・主婦湿疹・更年期障害・頭痛・冷えのぼせ・不妊治療や排卵機能回復などに利用されています。
漢方的考え方は血虚(貧血傾向・眼精疲労・生理不順など)・温経散寒・瘀血(血液の滞り・血行不良)・和胃などで、手のひらのほてり・手掌角化症・自律神経失調症・不正出血・貧血症などに応用されています。

 

 

桂枝茯苓丸-------金匱要略記載、瘀血(血液の滞り)には桂枝茯苓丸というくらい、瘀血の代表格的漢方処方です。
血行をよくして熱のバランスを整えることで、のぼせや冷えを改善し、子宮などの炎症をしずめます。また、ホルモンバランスを整える効果も期待でき、生理不順や生理痛・頭痛・めまい・肩こり・のぼせ・足の冷えなどを改善し、更年期障害・不妊症・子宮筋腫・ニキビ・シミ・痔・肝臓病まど、瘀血(血行不良)が原因の病気・症状を改善します。不妊症の場合、排卵があっても黄体機能が悪いと着床せず妊娠できないケース等に温経湯・当帰芍薬散とともに使用されています。

 

 

芎帰膠艾湯---------金匱要略記載、出血や貧血などに使用され、不正出血や痔出血・血尿・生理不順・流産癖・腎出血などに使用されています。漢方的考え方は血虚(貧血傾向・眼精疲労・生理不順など)の出血に使用される代表格で、顔色が悪くつやがない、カサカサ肌・四肢のしびれ・筋肉のひきつり・目のかすみや眼精疲労・頭のふらつきなどの血虚症状を伴います。

 

 

漢方薬局東京都で漢方歴30年|漢方薬相談は目黒区中目黒の桂林堂へ

血虚と貧血の漢方薬/ 東京都目黒区の漢方薬局 桂林堂薬局