EditRegion3

問診の漢方薬局での重要性、日々頑張っている漢方薬局

脈診・服診断が医療行為のため、問診の実力高める努力




問診の漢方薬局での重要性、日々頑張っている漢方薬局
病名漢方にならないために漢方薬局は日々研究しています。
約2.3000年前に考案された漢方医学の診断法は、西洋医学とは全く異なります。
西洋医学の診断は、病名を決定する事で、治療法を決定していきますが、漢方医学では「証」=患者さんの訴えている詳細な情報を基に漢方処方が決定していきます。



最近、病名漢方ともいう、漢方理論を無視する傾向にあり、“証を”を無視して間違った漢方処方の選択が横行していて、その病名漢方のおかげで、せっかくの漢方薬も実力を発揮できず、効かないものになってしまいます。
副作用など、色々な弊害が報告されていますが、これは副作用ではなく、漢方薬の使い方を間違っている場合が多いのです。

漢方には望診(ボウシン)聞診(ブンシン)、問診(モンシン)、切診(脈診の4つの診察方があります。
特に、漢方薬局では問診が7.8割のウェーエトを占めている関係上、良い漢方薬局になるには問診の上達が必要不可欠です。ちなみに舌診というものもありますが、舌診と脈診は分からないときに参考にします。


問診は「患者さんの訴え」を聞きだす方法で、漢方では「患者さんの訴え=証」を最も重要視します。
この問診は、漢方薬局において、とても重要な要素で、問診のレベルが高い漢方薬局ほど、適切な処方決定がなされ、問診により、気(鬱・帯・虚)・血(瘀血・虚・血熱)・水(帯)の状態も速やかにわかり、陽虚・気血両虚・気滞血瘀・肝気鬱結・肝陽上亢・脾虚・腎虚など、現代人に多い病気の状態がこれで解明できます。
30日分、8000円~15000円の漢方薬代金も無駄にならなくて済みます。


問診は、患者本人やその家族等に質問することにより、発病の時期・原因・経過・既往歴・疼痛部位等の疾病に関する情報を集めていく診察法です。患者の自覚症状を掴む方法の中心となる。
問診は現代医学の中でも基本ですが、中医学(漢方医学では特に)でも診察法の基本になります。
中医学は現代医学での疾患の有無よりも、患者本人が訴える重要な症状(これを主訴といいます。)や、具体的な症状を治療していく医学です
このため、本人の自覚症状の有無を主訴として問診し、それを軽減し取り除いていくことを第一の目標とします。
よく患者さんに「ここが痛むのに検査では問題ないといわれ、病院では何もしてもらえない。」という声が聞かれますが、「ここが痛む」等の本人の自覚症状こそ中医学では重要なのです。

 

 

女性に多い瘀血証体質

「瘀血」とは、若い方の日常生活は瘀血そのもの



最近、この言葉をよくききます
「瘀血」とは「おけつ」と読み、漢方医学の特有な概念で、体内・毛細血管内に滞留している、機能を失った血液で、「瘀血」とは血液としての機能を失っいるだけではなく、人体にとって有害で、いろいろな障害をあたえる毒素であると考えられています。
できるだけ早く体外に排泄すべきものであるといわれています。


別名は古血、悪血、血滞、血鬱、汚血、蓄血、血毒、死血とも言い、強い毒素であると捉えています
「瘀血」の成因
「瘀血」はいろいろな原因で発生し、特に女性は生理・出産の時に生成されるため、量の多少の問題だけで、体内に「瘀血」を蓄積している。

打撲・外傷・手術等でできる「瘀血」、遺伝的・体質的な「瘀血」、他の病気から発生する「瘀血」もあり、男女問わず発生する。



瘀血証体質」とは
内に「瘀血」をため込んでいる人を一貫堂では「瘀血証体質」と言い、女性はほとんどの人が体内に「瘀血」をため込んでいるため、多少の問題だけで「瘀血証体質」であると考え、女性の病気のほとんどが「瘀血」が関係をしていると考えています。
「瘀血証体質」とはどんな人?
顔が赤くなる事が多い。(黒ずんだ赤い色である。)色素沈着・シミがある事が多い。・肥満しやすくなる。・爪の色が暗赤色である。・舌の色が暗赤色、紫色、あるいは暗赤色の斑点がある。・舌の裏側の静脈の色が濃くかつ太い。

漢方薬局東京都で漢方歴30年|漢方薬相談は目黒区中目黒の桂林堂へ