EditRegion3

うつ病・抑うつ病・自律神経失調症・パニック症・多汗症・赤面症

 

多汗症・赤面症を漢方処方で考えると、補気と清熱解毒が思い浮かぶます。
多汗症や赤面症で悩んでいる人は以外にも多く、相談も増えています。

多汗症は本来、気虚の多汗症症状が多いはずなのですが、最近は神経が絡んだの多汗症、漢方医学では、”気”の上昇によるものが多くなっています。

 

多汗症の相談の多くは女性ですが、男性更年期の方も最近増えています。

多汗症の状態はそれぞれ異なります。上半身がのぼせて起こる発汗、手足にじわじわと起こる発汗など、人との話や会話・緊張・空気の変化  
多汗症・赤面症に使用される漢方処方としては加味逍遥散症、黄連解毒湯、三黄瀉心湯、柴胡清肝湯、白虎加人参湯強い熱感・顔面紅潮・激しい口渇)等が考えられます。
そのほか、補気薬、例えば気虚による多汗症には防已黄耆湯が使用されるケースもあります。


詳しく解説、タイプが多く、処方に際し注意が必要です。
多汗症・赤面症の漢方対策から多汗症・赤面症は状態・症状の出方がまちまちで、それに対応する漢方処方の選択に注意が必要です。


赤面するだけの場合・赤面して発汗するケース・上半身(特に首から上)がのぼせて起こる発汗・ワキガ・手足と全身に起こる発汗(じとーとした様)など、更に発汗は自律神経も多いに関係してますので処方決定は大変です。

気の上昇・血熱多汗症には全身性と局所性があり、全身性は汗を全身にかく状態のことで、中枢神経系の異常、甲状腺機能亢進症、循環器疾患、内分泌異常、代謝異常などの病気が原因となるほかに、周りの温度が高い場所で仕事していても起こります。
そのようなケースでは黄連解毒湯を使用します

局所性は顔、手のひら、足の裏、わきの下など、体の特定の部位に強く汗をかく状態です。  
全身性多汗症は原因となる病気を治療すれば治りますが、局所性は精神的、神経的なことによって起こることが多く、決め手となる治療法もなく、漢方処方での出番があるようです。

生活では、緊張しない、余り熱いものや辛いものを食べないように注意するほか、制汗剤による効果が期待されている。


漢方では多汗症は気力が落ち、疲れやすい虚証の人に多くみられることから、それに応じた薬方を選んでいく。 よく使われるのが黄耆建中湯・補中益気湯・防已黄耆湯十全大補湯などである。いずれの薬方も発汗の調節作用があり、表虚を治し体表の水毒を除いて体力を回復させる「黄耆(おうぎ)」を含んでいる。

 


気鬱

文字通り気が鬱している状態を言い、治療法は鬱している”気”を発散することで改善を測ります。 漢方では、うつ病は気虚や気うつと、とらえています。気虚は気(血などを巡らせているエネルギー)の働きが衰えている状態、気うつは気の流れが悪くなっている状態をいいます。気功やヨガなどは、この気のめぐりをよくし、リラックスさせる効果があります。
うつ病の場合、気の働きを補ったり、気の流れをよくすることが根本的な漢方治療につながります。
気の働きが悪くなるのは「肝」に原因があると考えています。 精神的なストレスや、過労は「肝」に負担をかけます。「肝」の機能が低下すると気の流れが悪くなります。その結果、ほかの臓器も不調になりさまざまな症状があらわれます。
うつ病になりやすい人は、責任感が強く、人にも気遣いのできるまじめな性格の人に多く見られます。 こうした性格は、すぐに変えることは難しいのですが、何か問題が生じたときは、一人で抱え込まずに信頼できる人に相談してもよいでしょう。そうすることで、気持ちの負担を軽くすることができます。  規則正しく、栄養バランスのとれた食生活を心がけ、気分が落ち込んでいるようなときは、赤身の魚や肉類を多めに摂るとよいでしょう。  ぬるめのお風呂に入り、気持ちをリラックスさせるのも効果的です。

漢方医学の気滞

滞った”気”の流れを改善することで、症例の緩解を測ります。

漢方では肝火上炎はイライラ感や怒っぽい、不安感などの神経症状を表現

まさに肝臓が燃え盛る表現で、その火を清熱薬で”消化”することで症状が改善します。
肝火上炎:怒りっぽい・イライラ・顔色が赤い・カーッとなるなど。

うつ病や抑うつ病などの神経症状の漢方薬相談増加中

増加している神経を病む人たち
漢方薬は30年以上前から更年期障害に頻繁に使用されて来た実績があります。

更年期障害の代表的な症状は、異常な発汗にのぼせ・やたらとイライラしたり不安になったり、やる気が起こらなったりなど、そのほか、めまい・動悸・頭重感・不眠・抑うつ感情などを訴える方も少なくありません。家事の時間が激減して主人に怠け呼ばわりされる方も多く、この状態が2~3年続く方もいます。

更年期障害に漢方処方が使用され始めた頃、”肝鬱”の治療薬、加味逍遥散が真っ先に使用されました。

肝鬱は、肝の気の不調から起こり、人間関係のトラブルで起こり易い神経症状にとても有効です。

肝うつ症状、イライラする・怒りっぽい・のぼせ・鬱うつする・不安・不眠・貧血傾向などの状態の症状と、更年期障害・自律神経失調の症状は重なる部分が多く、その結果、肝うつの漢方薬、加味逍遥散が多く処方され始め、更年期障害によく効いたという事実から、”更年期障害には漢方薬を”という風潮が生まれました。今では男性にも更年期障害があり、国民病の様相を呈しています。男性の鬱は仕事上のトラブルや、人間関係が主な要因になっているケースが多く見られます。

  会社や学校、親類等の人間関係から起こる考え方の食い違いやいじめは増加する一方です。  イライラする・怒りっぽくなる・嫌いな上司に合うのがイヤで会社に行くのがつらいといった状況に加味逍遥散を使用してみてください。

うつ病・抑鬱状態、パニック漢方服用例 、漢方薬局編

動悸・不安感を訴えるパニック症やうつ病、抑鬱状態、多汗症などの服用例紹介

■40代男性、職業不明、頭重感・眠りが浅い・やる気低下・緊張感があり、強いストレスが強く感じるようだ、漢方的解釈は肝うつで、 釣藤散と抑肝散併用を服用してからは、やる気が起こるようになり、朝の頭重感もすっかり無くなり、ストレス感が忘れたようになりました。
仕事を休むこともなく、元気にお仕事が出来るようになりました。

 

必須アミノ酸のトリプトファンが眠りを補助

必須アミノ酸成分トリプトファンが神経伝達物質セロトニンに含まれています。そばやステーキ多く含まれるトリプトファン、不眠症、眠りが浅い方はそば・ステーキをどふぞ。
リラックス、心を穏かにすることは現代では難しいことです。。日々の時間に追われ、人間関係をやりくりしながら生きている現代人はストレスが付き物です。

気の滞りを改善して諸症状を改善する半夏厚朴湯

現代病うつ病、うつ病の切り札漢方薬

やる気の低下・不安感・寝つきが悪い・体のだるさは危険信号

漢方医学ではうつ病を、“気”の停滞と捉え、”気“の流れを良くすることで改善すると考えています。漢方専門、桂林堂薬局は、“気”の流れを良くする漢方処方を知り尽くしているので、長年の経験と適切な処方をうつ病の人に選ぶことで、“気”の流れをよくして鬱病を改善しませんか。うつ病諸症状、パニック様症状等も軽減するはずです。

半夏厚朴湯は”気”の滞りをなくし、気の流れを促すのに優れています。
心身ともに疲れやすく、冷え症で繊細な人に向く処方です。とくに、ノドのつかえ感を訴えるときに好んで用いられます。 具体的には、不安感や緊張感、イライラ、抑うつ、不眠、神経性の胃炎や動悸、めまい、さらに喘息や気管支炎などにも適応します。

気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症。
不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、神経性食道狭窄症、不眠症等に良く効きます。
心臓が握られて苦しいという症状を訴えるケースも半夏厚朴湯で劇的に改善しました。
成分は半夏(ハンゲ) 厚朴(コウボク) 茯苓(ブクリョウ) 蘇葉(ソヨウ)紫蘇の葉です生姜(ショウキョウ) ショウガです
この成分がなぜか良く効くのです。

甲状腺機能亢進症に漢方処方のおすすめ

甲状腺機能亢進症の原因として多いのはバセドウ病である。これは甲状腺刺激ホルモン受容体に対する抗体によっておこる自己免疫疾患である。

主に心臓の活動が上がって頻脈になる、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、多飲多尿、発汗、高血糖などやめまい、抜け毛、鬱、不安感、イライラ、震え、暑さに耐えられない、などの症状がある。そのほかの症状として、動悸、不整脈(心房細動)、息切れ、性欲不振、吐き気、嘔吐、下痢を伴うこともある。治療をせずに長期間放置していると骨粗鬆症の原因となることもある。

自律神経失調症対策、気滞・気うつ・肝うつ等の漢方処方他

自律神経失調症の症状 自律神経失調症では、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。 慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、 耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感、など症状はいろいろ。

精神的な症状としては、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい(怒りや悲しみ)、あせりを感じる、など。 症状が消えたり、同時にいくつも現れたり、人によって症状が違ったり、というのも自律神経失調症の症状の特徴。これらの症状についてチェックしてみてください。

様々な自律神経系の不定愁訴(ふていしゅうそ:めまい、ふらつき、動悸、倦怠感など)を訴えますが、器質的な疾患や顕著な精神障害が認められないものをいいます。多くの症状を自覚するために、内科、耳鼻科、婦人科、脳外科などを受診し、様々な検査を受けますが、ほとんど異常はないので、「気のせい」「疲れのせい」ですまされてしまいます。そのために、患者さんの苦痛は軽減されずに、“ドクターショッピング”(医者のはしご)を繰り返したり、民間療法や高価な健康食品に頼っている人も多いようです。

統合失調症に対し、漢方処方の作用

統合失調症とは------やはりストレス抵抗性を漢方で高めるのも効果的

自律神経失調症では、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。 慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、 耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感、など症状はいろいろ。
精神的な症状としては、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい(怒りや悲しみ)、あせりを感じる、幻覚・幻聴など。

症状が消えたり、同時にいくつも現れたり、人によって症状が違ったり、というのも自律神経失調症の症状の特徴。これらの症状についてチェックしてみてください。

うつ病や抑うつと漢方―セロトニン・メラトニン

最近、20代~30代の若い方が、やる気がない、不眠、不安感などのうつ状態を訴える人が大変多くなっています。
うつ病の原因は、脳内神経伝達物質セロトニンの減少によるものと考えられています。このセロトニンは光に良く反応し、夜更かしなどの生活習慣は当然、環境の変化=ストレス(就職・転職・移動・引越し・身内の不幸)でもセロトニンの分泌量が減少して、うつ病を引き起こすものと考えられています。

うつ病の大部分がイライラやストレス・めまいや動悸・不安感や不眠症を訴え、やる気が起こり難いなど無気力感などの状態に陥っていることも多く、ついつい可愛そうに感じてしまいます。古くから更年期障害や自律神経失調症に重宝されていた漢方薬は、それなりの結果を残してきました。うつ病と自律神経失調症患者の訴えている自覚症状の多くが同じで、これをヒントにうつ病や神経症などに使用してみたところ、同様の結果(効果)が得られています。

漢方薬局東京都で漢方歴30年|漢方薬相談は目黒区中目黒の桂林堂へ