EditRegion3

慢性腎炎・腎臓病の漢方薬

慢性腎炎は、慢性糸球体腎炎ともいい、もっとも多い腎臓病として知られています。血尿・たんぱく尿が長期間(少なくても1年以上)持続するものをいいます。

かつては不治の病としても恐れられていましたが、最近の研究によって、いくつかのタイプがあり、症状が進行しにくいものもあることが分かりました。


主な症状は、血尿、たんぱく尿、高血圧です。このほかには、めまい、肩こり、むくみ、頭痛、倦怠感などがあります。

むくみが強い場合は、利尿薬を使用し血液中の老廃物の排泄を促します。基本的には食事療法や薬物療法を行っていきます。生活の中では、激しい運動や過労は避けなければなりません。

また、血圧の維持に努め、症状を悪化させないようにしていきます。

慢性腎炎という言葉は、腎臓の病気の現れ方を大きく5つに分類した場合の1つに相当し、この場合、高血圧や糖尿病さらには膠原(こうげん)病などの全身の病気から影響を受けた腎臓病は含まれないようです。

慢性腎炎の症状は、通常、自覚症状は乏しく、せいぜい(ふしゅ)=浮腫みや高血圧に伴う症状くらいで、検査によってタンパク尿や血尿があります。

時に尿の色が目で見てわかるくらい茶褐色を示すことがあり、また腎機能を表す数値が軽度悪化していることもあります。このような状態が1年以上にわたって慢性的に持続している腎臓病を、慢性腎炎といいます。

慢性腎炎では腎臓の中の腎盂腎炎と呼ばれるところに病変を生じているため、慢性腎糸球帯腎炎とも呼ばれます。

腎糸球帯以外の間質というところの炎症であれば、間質性腎炎と別に呼ばれ、尿路感染症などでは腎盂腎炎いう言葉もあります。


慢性腎炎は、このようにな病態を表す言葉ですが、腎の病理組織をみると大きく5つに分類されます。

ほとんど異常所見がみられないものから細胞増殖の程度が強いもの、濾過(ろか)膜に相当する毛細血管の壁に変化がみられるものなどで分類されます。

さらに半月体と呼ばれる細胞の集まりが、毛細血管の壁の外側にできて急速に腎臓機能が低下することもあります。このような病理組織的変化は、腎生検といわれる検査によって腎の組織をごく一部とり、顕微鏡で観察することによって初めて明らかになります。したがって腎生検は極めて重要な診断手段です。

【タイプ別慢性腎炎】

潜在型慢性腎炎 ----軽度のたんぱく尿、血尿がみられます。高血圧、腎機能の低下はありません。慢性腎炎のなかではもっとも軽く、治しやすいタイプになります。

高血圧型慢性腎炎------中程度のたんぱく尿と血圧の上昇がみられます。進行すると腎不全になりやすく、食事療法で生活を管理する必要があります。

腎不全型慢性腎炎-------

腎臓の機能が半分以下に低下した状態を腎不全といいます。吐き気、頭痛、動悸、呼吸困難などの症状がみられます。危険なタイプなので、一刻も早く適切な治療が必要です。

慢性腎臓病に応用・有効な漢方薬、温脾湯と丹参とは
腎不全の進行を抑え、透析しないですむ漢方薬はありますかという問いから
慢性腎不全については、いくつかの生薬・漢方薬に腎機能の改善や悪化防止に役立つものがあり、その代表的生薬の一つに大黄があり、漢方薬大黄は主に漢方緩下剤と利用されてきましたが、最近、それ以外にも洋々な薬理作用があることが分かってきています。その1つがタンニン成分の中の腎機能改善作用であるとのことです。



4.5年前、新聞などで報道された通り、この大黄を含む温脾湯(うんぴとう)という漢方薬が腎機能の改善、悪化の速度を遅らせることが出来るとして期待されています。
体力の低下などで大黄を含む漢方薬(下剤)を服用出来ない人には、五苓散(利尿効果など)五苓散+柴胡桂枝湯(利尿効果に消炎解熱作用)・柴胡桂枝乾姜湯・柴胡桂枝湯・大柴胡湯などが症状・状態に応じて処方されています。

このように漢方薬を使い分けることによって透析導入を遅らせることが目標ですが、血圧や血清カリウム値など常に西洋医学的管理の下に行うべきで、血中に含まれるクレアチニンの数値で1デシリットル当たり7~8mg程度までが漢方治療の限度と考えられます(北里研究所東洋医学総合研究所所長)から。



丹参という生薬の主な薬理作用

丹参は、瘀血を改善し、血液をサラサラにする生薬のひとつで、次のような作用があります。
①心筋の収縮を制御し、エネルギーの消耗を減少させる作用があり、これは心臓への負担を軽くする効果。

②冠状動脈を拡張させる作用があり、冠状動脈の血流量を増加させるため、心筋梗塞や狭心症に効果。

③腎臓動脈の血流量を増加させ、血圧降下作用があり、血圧の安定にも有効。

④血液中の脂肪分を低下させる働きがあり、血液中のコレステロールや中性脂肪を除去する作用は動脈硬化の予防と改善にも有効。

⑤血液の粘度を下げ、血液凝固を抑える作用。

⑥丹参の腎不全に対する作用は、ほかの生薬よりもその作用において優れ、「メチルグアニジン」という物質の数値低下があるということのようです。
メチルグアニジンは尿毒症毒素で、クレアチニンがさらに分解されてできる物質のことで、腎臓の機能が極度に低下し、体内に毒素がたまって全身臓器に症状が出るようになった状態、つまり、腎不全の末期症状になると増えてくる物質です。腎不全が進行して尿毒症になると、薬物治療だけでは回復はまず無理で、人工透析を考えなければなりません。ですから、このメチルグアニジンの値が丹参で下がったということは、たいへん意味のあることなのです。


慢性腎炎・腎臓病の漢方薬丹参/ 東京都目黒区 漢方薬局 桂林堂薬局


漢方薬局東京都で漢方歴30年|漢方薬相談は目黒区中目黒の桂林堂へ