toggle
漢方薬は(東京都)目黒区で創業30年の有名漢方薬局・桂林堂薬局までお気軽にご相談下さい
2020-12-17

手のひらに発症の掌蹠膿疱症も漢方薬服用30日で効果

手のひらに発症の掌蹠膿疱症も漢方薬服用30日で効果

 

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、手掌や足の裏に小膿疱(水疱)がみられる皮膚病で

慢性化する治りがむつかしい皮膚病の一つでもあります

西洋医学では、外用の軟膏に紫外線療法、抗生物質、ビタミン剤療法などを複合的に組み合わせた治療法などが行われ

また、掌蹠膿疱症が、扁桃腺炎や虫歯との関連もあることから、扁桃摘出術や虫歯の治療も場合によっては必要になります

40代女性のこの方の場合、4年ぐらい前に掌蹠膿疱症を手のひらに発症したとご本人さんから伝えられ、歯の治療の経験、扁桃腺が腫れやすいとも言っています

掌蹠膿疱症自体、その方の主な症状として手のひらの赤みに熱感、小膿疱(水疱)手のひらの少しの腫れがります

このような場合、漢方薬での掌蹠膿疱症に対する治療法は清熱解毒

清熱利湿といったもので、炎症や免疫反応の調整、利水などを同時に行う漢方薬独自の治療法で見事30日服用で大幅に掌蹠膿疱症が漢方薬30日服用で改善しました

 

 

漢方のことなら、東京都内で実績30年の
有名漢方薬局・桂林堂薬局にすべてお任せください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です