toggle
漢方薬は(東京都)目黒区で創業30年の有名漢方薬局・桂林堂薬局までお気軽にご相談下さい
2019-02-21

肝硬変と肝ガンに牛黄・熊胆がお勧め|桂林堂 漢方薬局|東京都

肝硬変の初期症状および検査診断
肝硬変初期は代償期段階とも言われていて、肝臓は余剰の能力を豊富に備えている上、高い組織再生能力を持つため、線維化が高度に進行するまで無症状であることが多いです。

そのため、ほかの慢性肝臓病(慢性肝炎・C型肝炎など)症状と間違えることがよくあります。
それによって、肝硬変の初期症状から、肝硬変と判断することは非常に困難です。

肝硬変の初期症状には下記のような症状があります。

1)食欲がなくなる:これは肝硬変の初期症状のもっと代表的な症状です。食欲がないほか、吐き気、嘔吐などのがたまにあります。

これは、肝硬変による胃腸分泌と吸収機能に乱れが原因。

2)体重減少:これも肝硬変の初期的な症状の一つで、食欲がなくなり、胃腸食道の消化と吸収機能に障害が起こり、体重が激減します。
3)倦怠感、疲労感:これも肝硬変の初期症状と考えられ、当初は軽い疲労感を感じる態度ですが、徐々にひどくなり、脱力感を感じるようになります。
4)顔色が浅黒い:三分の一ぐらいの肝硬変患者の顔面・手足など日光にさらされる部分が、黄疸がなくても、浅黒くなります。これは、肝臓に損害があるため、肝機能は劣れて、メラニンが増殖したからです。
5)下痢、お腹の張り、腹痛。
6)肝臓の辺りの痛み:肝硬変の症状の中では、もっとも多く現れる症状です。約60%から80%の患者に、肝臓の辺りに痛みを感じたことがあります。特に、疲労や倦怠を感じるようになってから、肝臓の辺りの痛みがもっと明らかになってくるということです。
7)非規則的な出血:肝機能が劣れたことによって、歯ぐきや鼻腔から出血しやすくなり、皮下内出血することも起こるようになってしまいます。

8)内分泌線の機能の不調:男性の乳房が女性化乳房になってしまい、女性患者の生理がすくなくなったり、生理が止ってしまったりして、クモ状血管腫や手掌紅斑が生じます。
クモ状血管腫の現れは、肝機能の障害が発展しつつあるという証拠ともいえます。

肝硬変の初期の診断

初期肝硬変をできるだけ早く発見、初期で治療するべきで、治療を積極的に行っていれば、症状を操縦できることは可能です。

もし、末期肝硬変になるまでほっておくと、患者に一連の合併症例えば、睡状態(肝性昏睡)や消化管からの出血、黄疸や腹水、足のむくみの症状や肝腎臓の総合合併症、感染などが起こります。こうなってしまうと、治療がもっと難しくなります。

沈黙の臓器肝臓、 肝臓の働き

栄養素の代謝
炭水化物やたんぱく質、脂質などの胃や腸で吸収された栄養素は、そのままでは体内で利用できません。肝臓はそれらの栄養素をいろいろな物質に分解・合成します。

解毒作用

胃や腸で吸収されたアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解され、その後毒性の少ない酢酸に分解されて、炭酸ガスと水として体外に排出します。

胆汁分泌

十二指腸へ排出される胆汁は脂肪の消化や吸収を行っています。胆汁に含まれる胆汁酸の分泌が低下すると油っこいもので胸やけしやすくなります。

栄養素の貯蔵

体に必要な物質を蓄えて、必要なときに自分の体に合った形に加工し、必要に応じて血管を通じて全身に送り出します。糖質をブドウ糖に変形し、エネルギー源にしたりします。

肝臓病の病状

肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。
それは肝細胞の大部分が壊れてしまうまで痛みなどのはっきりした自覚症状が表われないからです。
肝臓病では、大事に至る前に速やかに治療を開始することが大切です。体に自覚症状—————-体がだるい 疲れやすい ・食欲がない ・微熱がある ・右の脇腹が重苦しい ・脂っこいものが食べられなくなる ・急に酒量が落ちる
体に表われてくる症状——————黄痕が出る ・白目が黄色になる ・便の色が白っぽくなる ・尿の色が濃くなる ・尿の色が黄色になる ・右の脇腹が腫れている
あらわれるサインとしての自覚症状を見分けることが大切です。症状は風邪の症状に似ていて、見逃しやすいので要注意です。

漢方処方応用:十全大補湯の抗ガン作用や肝硬変

十全大補湯それ自身に、がんの発生や再発の予防する効果や、転移を抑制する効果があることが報告され、富山医科薬科大学和漢薬研究所のグループは、十全大補湯ががん細胞の悪性化進展や転移を抑制することを報告しています。

がん細胞は増殖していく過程で様々な因子の影響を受け、より悪性度の高いがん細胞集団へと変化し、転移するようになります。マウスを用いた実験で、十全大補湯に、がん細胞の悪性化進展や転移を抑えるという結果を、済木教授らは複数の実験モデルを用いて示しています。
さらに、マウスの大腸癌細胞を用いた肝転移の実験系において、十全大補湯が癌の転移を抑制することも報告しています。

十全大補湯

生物学的活性については多くの報告があり、マクロファージの活性化、抗体産生増強、種々のサイトカイン産生誘導などの免疫増強作用、抗癌剤や放射線治療による骨髄における造血機能障害や免疫抑制に対する保護作用などが証明されています。

病後の体カ低下、疲労倦怠、食欲不振、制癌剤や放射線治療の副作用の軽減、患者のquality of lifeの改善などを主な目的として、肝硬変・がん治療の補助療法としてもよく使用されています。

抗がん剤治療のとき、十全大補湯をベースにして、解毒機能を高める作用がある駆お血薬(桃仁、牡丹皮、紅花、莪朮、三稜、欝金など)や清熱解毒薬(半枝蓮、白花蛇舌草、蒲公英、板藍根など)を加えると、さらに抗がん剤の副作用緩和や抗腫瘍効果増強の効き目を高めることができます。

柴胡剤や十全大補湯の肝臓病・肝硬変への応用、加味逍遥散

十全大補湯それ自身に、がんの発生や再発の予防する効果や、転移を抑制する効果があることが報告され、富山医科薬科大学和漢薬研究所のグループは、十全大補湯ががん細胞の悪性化進展や転移を抑制することを報告しています。

がん細胞は増殖していく過程で様々な因子の影響を受け、より悪性度の高いがん細胞集団へと変化し、転移するようになります。マウスを用いた実験で、十全大補湯に、がん細胞の悪性化進展や転移を抑えるという結果を、済木教授らは複数の実験モデルを用いて示しています。
さらに、マウスの大腸癌細胞を用いた肝転移の実験系において、十全大補湯が癌の転移を抑制することも報告しています。

十全大補湯の生物学的活性については多くの報告があり、マクロファージの活性化、抗体産生増強、種々のサイトカイン産生誘導などの免疫増強作用、抗癌剤や放射線治療による骨髄における造血機能障害や免疫抑制に対する保護作用などが証明されています。

病後の体カ低下、疲労倦怠、食欲不振、制癌剤や放射線治療の副作用の軽減、患者のquality of lifeの改善などを主な目的として、肝硬変・がん治療の補助療法としてもよく使用されています。
抗がん剤治療のとき、十全大補湯をベースにして、解毒機能を高める作用がある駆お血薬(桃仁、牡丹皮、紅花、莪朮、三稜、欝金など)や清熱解毒薬(半枝蓮、白花蛇舌草、蒲公英、板藍根など)を加えると、さらに抗がん剤の副作用緩和や抗腫瘍効果増強の効き目を高めることができます。

加味逍遥散

宋時代(1107~1110年)和剤局方記載、漢方的な治療法は、気滞血瘀・肝気鬱結・肝陽上亢で、気・血の流れが悪く、停滞している“気・血・水”の流れをよくすることで、精神神経状態を落ち着かせ、血液循環を改善し、清熱作用で上半身の余分な熱(のぼせ傾向)を取り去ります。
ホルモンバランスを整え、生理不順や生理痛・イライラしたり怒りっぽくなる・やる気の低下・めまいやフワフワ感・動機・上半身が熱くなるのぼせ傾向や発汗・寝つきが悪い・不眠症・不安感・抑うつ状態・焦躁感・頭痛・肩こり・倦怠感・多汗症・赤面症・ニキビ・慢性肝炎・子宮筋腫・不妊症などの症状・病気にまで適応します。

肝硬変・肝ガン/ 東京都目黒区の漢方薬局 桂林堂薬局​​

漢方のことなら、東京都内で実績30年の
有名漢方薬局・桂林堂薬局にすべてお任せください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です