toggle
漢方薬は(東京都)目黒区で創業30年の有名漢方薬局・桂林堂薬局までお気軽にご相談下さい
2019-02-04

増加している神経病

神経の病気

眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。

脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。

乗り越えられる精神的ストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます

神経の病気も漢方薬になると

漢方医学ではうつ病・パニック症・赤面・自律神経失などの心の病を、“気”の停滞と考え、”気“の流れを良くすることで改善すると考えています。

そのエネルギー基でもある“気”の流れを良くする漢方処方・漢方薬は数多くありますが

“気”の流れを良くする漢方処方・漢方薬の中から適切なものを選んでから

それらを、うつ病やパニック症・赤面・自律神経失調症で困っている人に初めて漢方薬を処方します

“気”の流れをよくして、あなたが悩んでいる心の病を改善しましょう、漢方薬も意外と効果が高いことがわかります

漢方のことなら、東京都内で実績30年の
有名漢方薬局・桂林堂薬局にすべてお任せください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です