toggle
漢方薬は(東京都)目黒区で創業30年の有名漢方薬局・桂林堂薬局までお気軽にご相談下さい
2019-02-07

不妊症 生理不順の漢方/漢方薬局桂林堂|東京都

不妊症 生理不順の漢方/漢方薬局桂林堂|東京都

血流良くし生理痛・生理不順・不妊対策は漢方薬の基本

女性の漢方となると、どうしても冷え性とか、血流を良くするとか等が話題になります

やはり、体は温めた方が良さそうなので、婦人病の漢方薬はどうしても体の下半身を温めて血流を良くする方向性が見えてきます
6年間生理不順どころか、生理が全くない30代前半の女性もいるくらい漢方薬は生理不順にも効果的です
この方の場合も末梢血流を良くし、末端まで温める漢方薬を使用しました
服用8カ月~3カ月に一度程度の生理があって、その2年後ぐらいから毎月に6年間無かった生理が毎月来るようになったようです
その方は、今も含め20年間漢方薬を服用し続けています

自律神経のバランス異常も冷え性に

血流良くし生理痛・生理不順・不妊対策は冷え性の人にも効果的
冷え性は男性よりも女性に多く、女性のほうが冷え性になりやすく、女性は筋肉量が少なく基礎代謝も小さく、体熱の産生が少ないことがあげられます。
また、自律神経の調節がうまくいかない場合に、手や足の末梢の血管での血流量の調節にも影響を受けたことによる血流障害により末梢冷え性になる原因もあります。

甲状腺の異常も冷え性の原因

冷え性が原因で生じる身体の不調はこれだけではありません。 生理痛や肩こり・便秘・下痢・立ちくらみ・疲労感・不眠などの原因も、元をたどれば冷え性ということもあります。

冷え性は子宮内膜症や不妊症まで影響

冷え性と漢方薬 漢方においては、冷え性は新陳代謝が低下している場合、血の巡りが悪い場合、胃腸の調子が悪いことなどが原因であると考えられます。 漢方では、これらの原因を取り除くこと、また血流を良くして体(下半身)を温める作用のある漢方薬がお勧めです。

冷え性に使用されている漢方薬

それぞれの漢方の専門家も、漢方薬に対しての好き嫌いがあり、冷え性に使用する漢方薬はだいたい10種類程度を使用し、 当帰芍薬散や当帰四逆呉茱萸生姜湯・温経湯・桂枝加朮附湯・八味地黄丸・十全大補湯・人参養栄湯などが有名です

冷え性で有名な当帰芍薬散は腎臓病などにも利用
血行をよくして体をあたため、貧血症状を改善します。また、痛みをやわらげたり、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。
2000年前の医学書金匱要略に記載されている漢方処方です。婦人妊娠病、婦人雑病に収載されている薬方です。貧血ぎみの方の足腰の冷えや肩こり・むくみなどに効果があります。

当帰芍薬散

体(下半身)を温め、血行を改善して、当帰芍薬散の利尿作用は、排尿を促して水分の代謝異常を改善する作用があると考えられます。
このため、浮腫み・ネフローゼ等の腎臓病に応用されています。 本方は、妊娠中の流産、妊娠腎などを予防して、お産を軽くします。
血流良くし生理痛・生理不順・不妊対策/漢方薬局桂林堂|東京都|目黒区

血流良くし生理痛・生理不順・不妊対策と、婦人病に人気の漢方薬は数多くありますの続き

どこの漢方薬局でも、どうしても多くなってしますのが婦人病の相談です

生理不順に冷え性・レイノ-氏病・生理痛・子宮筋腫や卵巣のう腫・しもやけ・慢性関節リウマチ・生理が無い・神経痛・腰痛症・橋本病・不妊症など数多くあります。

温経湯

婦人病によく使い、不妊症、習慣性流産、月経異常、月経困難症、帯下、手掌角化症、アトピー性皮膚炎などに使います。
本来は婦人科系にもよく使いますが、皮膚炎系にもよく使い、疲れやすい女性で下腹部が特に冷える体質の方で、そのほか手がほてる唇が乾燥しやすいというのも特徴です。

このような主に女性の血流障害の病気は
陽虚(暖める力が低下)
血虚(貧血・乾燥肌・体の消耗など)
瘀血 (血液の滞り・血行不良)

などをトータルに改善さすることが一番なのです

冷え性の原因、気帯血瘀血 (血液の滞り・血行不良)
冷え性は男性よりも女性に多く見られる症状です。

また、不定愁訴のように自律神経の調節がうまくいかない場合、手や足の末梢の血管での血流量の調節も影響を受け、 冷え性になる原因です。

特に近年では、冷え性は冬だけでなく、夏の冷房の効き過ぎによる、いわゆる「冷房病」として見られるのが特徴です。

生理痛・肩こり・便秘・下痢・立ちくらみ・疲労感・痔・不眠などの原因も、元をたどれば冷え性ということもあります。

冷え性は子宮内膜症や不妊症まで引き起こしかねません。 冷え性と漢方薬 漢方においては、冷え性は新陳代謝が低下している場合、血行が悪い場合、胃腸の調子が悪いことなどが原因であると考えられます。

したがって漢方では、これらの原因を取り除くこと、また胃腸や下半身などを温める作用のある漢方薬を処方します。

 

女性に多い瘀血(血液の滞り・血行不良)・血虚・陽虚(暖める力が低下)

瘀血の女性は妊娠しにくい」という言い伝えがあることをご存知ですか。下腹部や太腿の付け根あたりが硬く感じられる場合、その原因を中医学では血液の流れが悪くなっているからだと考えます。 血液の流れが悪いことに起因します。
月経が遅れる、生理痛、月経血に血塊が多い、色がどす黒く粘りがある、月経中に頭痛や肩 こりが起こるなど月経にまつわる不調が多く見られます。また、舌に青紫や赤紫、あるいはどす黒い斑点が現れたり、目の周り唇が黒ずむなどの症状も現れます。

女性に多い瘀血の改善には、活血化瘀の治療方法があり

不妊の原因となる子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫や癒着などが起こるのを防ぎ、さらに骨盤 の血流を改善し、新鮮な血液が十分に卵巣や子宮に行きわたるようにします。

漢方薬で滞りやすい血液の流れを良くするのが活血化瘀という瘀血の改善方です。

以下のような症状がないかチェックしてみましょう。

●生理のときにドス黒い血の塊が 出てくる。 ●生理痛がひどい。 ●生理の前にイライラし、怒りやすくなる。 ●顔がどす黒い。 ●歯ぐきの周辺がどす黒い。 ●あざができやすい。 ●にきびができやすい。

温経湯は婦人病によく使い、不妊症、習慣性流産、月経異常、月経困難症、帯下、手掌角化症、アトピー性皮膚炎などに使います。
本来は婦人科系にもよく使いますが、皮膚炎系にもよく使い、疲れやすい女性で下腹部が特に冷える体質の方で、そのほか手がほてる唇が乾燥しやすいというのも特徴です。

 

補中益気湯の男性不妊に対する働き、こんな人は補中益気湯がお勧め

元気がなく胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすい人

虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせ

低血圧症・起立性失調症・慢性頭痛・慢性胃腸炎・筋無力症・胃アトニー・脱肛・子宮脱・遊走腎・ヘルニア・慢性の出血症

産後 の子宮復古不全・月経過多・頻発月経・不正性器出血・アレルギー性紫斑病・血小板減少性紫斑病・慢性の微熱・病後あるいは手術の回復期 などで、脾胃気虚・中気下陥の症候を呈するものに使用します。

男性不妊にも、まか、スッポン、マムシ、黄精と補中益気湯が良いです

男性不妊での研究では、精子濃度・精子運動率が改善し、、補中益気湯の治療成績は研究者によってばらつきがあるものの、 経口投与でも精子濃度や精子運動率に改善が見られ、その改善度は32~70%、また男性ホルモン増強作用

免疫賦活作用、血管拡張作用、蛋白質生合成促進作用、抗ストレス作用 などが認められたことなどを発表されています。

漢方のことなら、東京都内で実績30年の
有名漢方薬局・桂林堂薬局にすべてお任せください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です