toggle
漢方薬は(東京都)目黒区で創業30年の有名漢方薬局・桂林堂薬局までお気軽にご相談下さい
2019-02-13

脾虚の中気下陥/東京都目黒区の漢方薬局 桂林堂薬局

慢性下痢・脱肛・胃下垂・子宮下垂などでみられることが多い症状に当てはまります。
治法は補中益気・昇陽挙陥。

脾気下陥」、脾気虚→脾気下陥・脾の昇清の機能失調の弁証論治

脾気虚・脾陽虚のために、臓器を定位置にとどめる陽気の個摂の機能が減弱したもので、肌肉・四肢に力がなく気機の下陥を呈します。横紋筋や平滑筋の緊張低下による症候と考えられます。

(今日的病名)

最低血圧が低い・胃拡張・蠕動不足のために胃内に溜飲
肉体疲労・産後・内臓下垂・慢性下痢

脾気虚が主因によるもの

産後や過労から脾気虚弱になり、脾の昇清作用の低下、長期の下痢(泄瀉)によるものです。
心脾両虚 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる
/大病や長期慢性病で気血両虚になった)

「中気下陥」は脾気虚 胃下垂

脾気虚・脾陽虚のために、臓器を定位置にとどめる陽気の個摂の機能が減弱したもので、肌肉・四肢に力がなく気機の下陥を呈します。横紋筋や平滑筋の緊張低下による症候と考えられます。

(現代的病名)最低血圧が低い・胃拡張

肉体疲労・産後・内臓下垂・慢性下痢

脾気虚が主因によるもので、産後や過労から脾気虚弱になり、脾の昇清作用の低下、長期の下痢(泄瀉)によるものです。【舌診】 舌質:淡胖・舌苔:白滑。
心脾両虚 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなり、 大病や長期慢性病で気血両虚になった)
中気下陥の漢方処方

補中益気湯

1100年代、脾胃論記載、漢方的効能は補気建脾・升陽虚陥・脾統血で、胃腸の働きを良くして消化吸収力を高めて体力を回復させ、元気を取り戻すのを助けます。
慢性疲労・慢性下痢・慢性的微熱・四肢がだるい・元気がない・動作がおっくう・たちくらみ・頭の鈍痛・食欲不振・胃弱・夏痩せ・長引く風邪・下痢をしやすい・貧血気味・脱肛・胃下垂といった諸症状に効果的です。

応用では慢性肝炎・筋無力症・低血圧・脱肛・子宮脱・ヘルニア・ガン・生理過多・血小板減少紫斑病等といった病気にまで応用可能です。
成分:人参・黄耆・白朮・柴胡・当帰・升麻・陳皮・生姜・大棗・甘草
消化機能が衰え、四肢倦怠感著しい虚弱体質者の次の諸症。
効能:夏やせ、病後の体力増強、結核症、食欲不振、胃下垂、感冒、痔、脱肛、子宮下垂、陰萎、半身不随、多汗症。
胃腸機能が減退し、疲労倦怠感や食欲不振あるいは盗汗などあるものの虚弱体質、低血圧、腺病質。

中医学解説、補気健脾・升陽虚陥・甘温除熱

応用:不正性器出血・アレルギー性紫斑病・血小板減少性紫斑病・慢性の微熱・橋本病・慢性疲労

脾虚の中気下陥/東京都目黒区の漢方薬局 桂林堂薬局

漢方のことなら、東京都内で実績30年の
有名漢方薬局・桂林堂薬局にすべてお任せください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です