toggle
漢方薬は(東京都)目黒区で創業30年の有名漢方薬局・桂林堂薬局までお気軽にご相談下さい
2020-11-12

自律神経の不調で動悸や上半身のほてりも漢方薬が良い

自律神経の不調で動悸や上半身のほてりも漢方薬が良い

30代後半女性もともと扁桃腺がつかれた時などに腫れやすく

また、下半身が冷えるのに上半身は汗をかきやすくてのぼせるとのこと

漢方薬を服用したいと来店した一番の目的は本人さん曰く「自律神経失調症です、寝つきが悪くて、上半身がのぼせやすく不安感や動悸もあります」

そのような症状や状態のことを中医学では肝うつとか肝火のカテゴリーに分類されます

そのような状態は、肝の気が滞ていますよといった不調であります

そこで中医学での改善方は「疎肝理気」肝の気の流れの滞りを

気の流れを良くして自律神経失調症のバランスを整え、寝つきが悪い、上半身がのぼせやすく不安感や動悸などの一連の症状を漢方薬で30日服用で大幅に改善したという報告です

 

 

 

 

 

漢方のことなら、東京都内で実績30年の
有名漢方薬局・桂林堂薬局にすべてお任せください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です