・ニキビEditRegion3

多いニキビや酒査様皮膚炎の漢方相談

 

酒さ様皮膚炎もニキビ同様の漢方薬で効果的


酒さ様皮膚炎とはどんな病気、酒さ様皮膚炎
に効果的な漢方処方

顔面のほてりや発赤を繰り返しやすい素因のある人が、副腎皮質ステロイドの塗り薬を連用することにより発症します。
素因のある人で、顔面に副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬を塗った場合に副作用として生じる酒さに似た病態をいいます。20~50代の女性に多い病気です。

症状の現れ方・起こり方

副腎皮質ステロイド薬を塗った部位に、毛細血管の拡張、丘疹(きゅうしん)、膿疱(のうほう)が現れます。塗り薬を塗るのを中止すると、数日後に紅斑と浮腫性(ふしゅせい)の腫脹(しゅちょう)が生じます

。かゆみはあっても軽度ですが、強いほてりや灼熱(しゃくねつ)感・熱感を伴います。

症状の軽快までには通常数カ月かかり、治療のためには副腎皮質ステロイドの塗り薬の中止が不可欠ですが、同薬をやめると症状が一時的にかなり悪化します。
但し、強いステロイド軟膏を長期に利用した方ほど、漢方薬での治療も時間がかかると考えられています

 

酒査様皮膚炎とは、漢方薬での対応

化粧品によるかぶれの治療が背景に
漢方薬での対応は主に清熱瀉火・清熱解毒というニキビ対策と類似した漢方医学的治療法を行います。

酒査様皮膚炎とは
顔面のほてりや発赤を繰り返しやすい体質のある人が、副腎皮質ステロイドの塗り薬を連用することにより発症します。
化粧品をはじめ、シャンプーやリンスでかぶれる人で、顔面に副腎皮質ステロイド薬を塗った場合に副作用として生じる、「酒査」とは、鼻を中心として両頬が赤くなる皮膚病、酒査に似た病態をいいます。


20歳ぐらいから中年にかけての女性に多い皮膚炎だが、その背景にあるのが化粧品などによるかぶれ。それを市販のステロイド外用剤で治療しているうちに起こってくるケースが多い病気です。
「多くは、ステロイド軟膏剤を比較的長く使用しているうちに起こり、顔の毛細血管が拡張して赤ら顔になるほか、痒みを訴える人やニキビ状のぶつぶつができたりします。

症状の軽快までには通常数カ月かかり、ステロイド外用剤を中止するのが原則ですが、大抵は中止してから2~3週間後に症状が悪化します。このため、またステロイド外用剤に頼り、悪循環に陥る人もいます。
日常生活での注意点、
香辛料・酒を避けるなどの刺激物を避ける・飲酒を控える・化粧品は、腕で使い試しをしてから用いるといったケアが必要だ。

 


酒査様皮膚炎の症状の現れ方

副腎皮質ステロイド薬を塗った部位に、毛細血管の拡張、丘疹(きゅうしん)、膿疱(のうほう)が現れます。同薬を塗るのをやめると、数日後に紅斑と浮腫性の腫脹が生じます。かゆみはあっても軽度ですが、強いほてりや灼熱(しゃくねつ)感を伴います。


症状の軽快までには通常数カ月かかり、治療のためには副腎皮質ステロイドの塗り薬の中止が不可欠ですが、同薬をやめると症状が一時的にかなり悪化します。
症状がひどくなって社会生活に支障を来す場合は、入院が必要になりるケースもあります。
このようにステロイドの副作用を恐れ、漢方薬での治療を考える方も多いようです。



皮膚科での治療はテトラサイクリン系抗菌薬(ミノマイシン、ビブラマイシンなど)の内服が第一選択になり、グリチルリチンの静脈注射もある程度は有効です。

皮膚の表面がつっぱるため、外用薬として10%亜鉛華(あえんか)単軟膏、白色ワセリン 副腎皮質ステロイドの塗り薬の使用歴、中止によって増悪することなどから診断されます。

 

漢方薬での対応はニキビ同様清熱解毒・排膿解毒
黄連解毒湯
清熱解毒の代表的漢方処方黄連解毒湯は万病薬。

外台秘要記載、成分黄連・黄芩・黄柏・山梔子
のぼせ気味で顔色赤く、イライラする傾向の方の、胃炎・口内炎・二日酔いなどから、不眠症・ノイローゼ・めまい・動悸・更年期障害・自律神経失調症などの神経症に幅広く応用されています。

漢方的考え方
治療法は心火旺・肝胆火旺・清熱解毒で、上半身の余分な熱を取り去り、高血圧・脳卒中・精神不安・焦躁感・赤面症・多汗症・鼻血・痔出血・ニキビ・酒査・酒査様皮膚炎・赤顔にアトピー性皮膚炎・酒査様皮膚炎慢性肝炎などに使用されています。

 

清上防風湯
ニキビ治療は漢方の中でも効きやすいタイプの皮膚病ひとつです。
また、漢方薬の場合、ニキビに抗生剤を使用する新薬と違い、副作用もほとんど心配いりませ

万病回春記載
主に男性に多い、赤ら顔や赤く腫れて可能しやすいニキビタイプに使用されていますが、もちろん、女性にも使用可能です。この清上防風湯タイプのニキビは、顔のほか、背中にもできているケースも多く、ニキビが潰れて下着に血が付いている場合もあります。清上防風湯単独で使用する場合と、ニキビの状態により、他の漢方処方と併用する場合もあります。



清上防風湯の漢方的考え方

治療法は、清熱解毒・去風という治療方針ですが、なぜニキビ治療に去風かといいますと、清上防風湯のネーミングの風の意味は、ニキビが風のようにあちらこちらに移動していく様を表現しています。できては引っ込んで、できては引っ込んでという具合です。清熱解毒は炎症を抑えて化膿をしにくくする解毒方法です。
顔の熱や炎症をとり、また皮膚病の病因を発散させる働きがあります。そのような作用から、顔の皮膚病、とくにニキビの
成分:防風・薄荷・荊芥・連翹・黄連・黄芩・山梔子・桔梗・川芎・百芷・枳実・甘草

中医学解説、袪風、清熱解毒、止痛
上焦の風熱の皮疹
身体上部(特に顔面)の発疹・熱感・かゆみ・疼痛・化膿傾向をもつ皮疹で、目の充血・顔面紅潮・口渇などをともなうことがよくあります


顔の熱や炎症をとり、また皮膚病の病因を発散させる働きがあります。
そのような作用から、顔の皮膚病、とくにニキビや酒査・酒査様皮膚炎・赤ら顔に効果があります。

成分:防風・薄荷・荊芥・連翹・黄連・黄芩・山梔子・桔梗・川芎・百芷・枳実・甘草
中医学解説、袪風、清熱解毒、止痛
上焦の風熱の皮疹
身体上部(特に顔面)の発疹・熱感・かゆみ・疼痛・化膿傾向をもつ皮疹で、目の充血・顔面紅潮・口渇などをともなうことがよくあります

 


桂枝茯苓丸
はおけつ薬の代表的漢方薬
2000年前の医学書、金匱要略記載
瘀血(血液の滞り)には桂枝茯苓丸というくらい、瘀血の代表格的漢方処方です。
血行をよくして熱のバランスを整えることで、のぼせや冷えを改善し、子宮などの炎症をしずめます。また

ホルモンバランスを整える効果も期待でき、生理不順や生理痛・頭痛・めまい・肩こり・のぼせ・足の冷えなどを改善し、更年期障害・不妊症・子宮筋腫・ニキビ・シミ・酒査・酒査様皮膚炎・赤ら顔・痔・肝臓病など、瘀血(血行不良)が原因の病気・症状を改善します。不妊症の場合、排卵があっても黄体機能が悪いと着床せず妊娠できないケース等に温経湯・当帰芍薬散とともに使用されています。

 


荊芥連翹湯

荊艾連翹湯は万病回春記載の処方構成を独自にアレンジ

日本の一貫堂処方で、耳・鼻・咽喉・肺の慢性炎症を目的とします 。
体の熱や腫れをひき、病状を発散させ、皮膚の腫れや発赤をしずめ、治りをよくします。
また、補血作用があり、血液循環をよくします。

荊芥連翹湯は、清熱瀉火の黄連解毒湯と補血剤の四物湯を基本に、袪風の薄荷・柴胡・連翹・荊芥・防風・自正及び排膿の枳実・桔梗を中心に構成されています。

それらの相好作用の効能より炎症等が加わって慢性化しそれに伴って栄養状態の悪化が生じたときに用いられます。
鼻や皮膚等の反復性、慢性の炎症によく用いられます

成分:黄ごん・黄柏・黄連・桔梗・枳実・荊芥・柴胡・山梔子・地黄・芍薬・川きゅう・当帰・薄荷・白し・防風・連翹・甘草


利用応用:蓄膿症・慢性鼻炎・慢性皮膚炎・口内炎・歯肉炎・アトピー性皮膚炎・化膿性の皮膚病・ニキビ・酒査様皮膚・中耳炎・扁桃腺などに利用されています。

蓄膿症・慢性鼻炎・慢性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・ニキビ・酒査・酒査様皮膚炎・赤顔に扁桃腺などに利用されています

加味逍遥散--------ストレス性のニキビやアトピー性皮膚炎に使用されています。受験や就職・転職などが原因によるストレスが悪影響を及ぼしてニキビ・アトピー性皮膚炎を引き起こすタイプに適応

酒査様皮膚炎・赤ら顔の漢方薬改善例


酒査様皮膚炎の治療で病院通院中の40代女性の漢方薬改善例です。
化粧カブレが原因なのかさだけではないのですが、皮膚のトラブルにより皮膚科で抗アレルギー剤に、ステロイド軟膏を月に2.3本以上を6カ月以上使用していた女性です。


これ以上顔にステロイドを使用するのが不安になり、漢方薬を使用しようと決断。
酒査様皮膚炎の状態は、顎に鼻の周りと両頬が赤くなり、、皮膚表面は乾燥していてつっぱていると訴えている。
その他、子供の受験ストレスにより肝気鬱結・肝火上炎といった症状あり。 また、鼻の周りは漢方医学の理論では陽明病というカテゴリーのラインにあります。

この方の酒査様皮膚炎の漢方薬での対応は①清熱解毒

 

②肝火上炎は疎肝理気という治療法

というわけで、この方は漢方薬局、桂林堂で漢方薬服用半年ほどでほとんど酒査様皮膚炎の症状がなくなりました。

 

参考

肝火上炎の状態

のぼせやいらいら・ストレスが続いて体の上半身を鬱血させ、頭部や眼、胸脇部などの部分で肝経や胆経が通る個所に熱感や炎症が繰り返して治りにくい状態のこといいます。

具体的には、高血圧症や自律神経失調症、更年期障害、耳の病、出血素因、眼の病などによくみられます。
口内炎、中耳や外耳の炎症、結膜炎・赤面などの炎症があるものを応用範囲を広げ、肝火上炎と弁証することもあります。

煩躁(はんそう)・怒りっぽい・頭痛(脹痛)・めまいやフワフワ感・顔面紅潮・赤ら顔・酒査様皮膚炎・脇肋部灼痛・不眠・耳鳴・目が充血・、口が苦い・月経過多(鮮紅色)・衄血(じくけつ・はなぢ)・便秘・尿の色が濃い等の症状が現れ易くなります。

酒さ様皮膚炎・赤ら顔の漢方薬/ 東京都目黒区の漢方薬局 桂林堂薬局

漢方薬局東京都で漢方歴30年|漢方薬相談は目黒区中目黒の桂林堂へ