toggle
漢方薬は(東京都)目黒区で創業30年の有名漢方薬局・桂林堂薬局までお気軽にご相談下さい
2019-02-08

急性・慢性腎炎の漢方薬/東京都目黒区の漢方薬局 桂林堂薬局

慢性腎炎は、慢性糸球体腎炎ともいい、もっとも多い腎臓病として知られています。

血尿・たんぱく尿が長期間(少なくても1年以上)持続するものをいいます。
かつては不治の病としても恐れられていましたが、最近の研究によって、いくつ
かのタイプがあり、症状が進行しにくいものもあることが分かりました。

主な症状は、血尿、たんぱく尿、高血圧です。このほかには、めまい、肩こり、
浮腫み、頭痛、倦怠感などがあります。
浮腫みが強い場合は、利尿薬を使用し血液中の老廃物の排泄を促します。

基本的には食事療法や薬物療法を行っていきます。

生活の中では、激しい運動や過労は避けなければなりません。
また、血圧の維持に努め、症状を悪化させないようにしていきます。
慢性腎炎の症状は、通常、自覚症状は乏しく=浮腫みや高血圧に伴う症状くらいで、検査によってタンパク尿や血尿があります。時に尿の色が目で見てわかるくらい茶褐色を示すことがあり、また腎機能を表す数値が軽度悪化していることもあります。

主な症状

血尿、たんぱく尿、高血圧です。このほかには、めまい、肩こり、浮腫み、頭痛、倦怠感などがあります。
浮腫みが強い場合は、利尿薬を使用し血液中の老廃物の排泄を促します。
基本的には食事療法や薬物療法を行っていきます。生活の中では、激しい運動や過労は避けなければなりません。

また、血圧の維持に努め、症状を悪化させないようにしていきます。
慢性腎炎の症状は、通常、自覚症状は乏しく=浮腫みや高血圧に伴う症状くらいで、検査によってタンパク尿や血尿があります。
時に尿の色が目で見てわかるくらい茶褐色を示すことがあり、また腎機能を表す
数値が軽度悪化していることもあります。

このような状態が1年以上にわたって慢性的に持続している腎臓病を、慢性腎炎といいます。
慢性腎炎では腎臓の中の腎盂腎炎と呼ばれるところに病変を生じているため、慢性腎糸球帯腎炎とも呼ばれます。
腎糸球帯以外の間質というところの炎症であれば、間質性腎炎と別に呼ばれ、尿路感染症などでは腎盂腎炎いう言葉もあります。

腎不全の進行を抑え、慢性腎不全については
いくつかの生薬・漢方薬に腎機能の改善や悪化防止に役立つものがあり、その代表的生薬の一つに大黄があります。

漢方薬大黄は主に漢方緩下剤と利用されてきましたが、最近、それ以外にも洋々な
薬理作用があることが分かってきています。

大黄を含む温脾湯(うんぴとう)という漢方薬が腎機能の働き

腎機能の悪化の速度を遅らせることとして期待されています
体力の低下などで大黄を含む漢方薬(下剤)を服用出来ない人には、五苓散(利尿効果など)・五苓散+柴胡桂枝湯(利尿効果に消炎解熱作用)・柴胡桂枝乾姜湯・柴胡桂枝湯・大柴胡湯などが症状・状態に応じて処方されています。

丹参という生薬の主な薬理作用

丹参は、血液をサラサラにする生薬のひとつで、次のような作用があります。

心筋の収縮を制御し、エネルギーの消耗を減少させる作用があり、これは心臓への負担を軽くする効果。
冠状動脈を拡張させる作用があり、冠状動脈の血流量を増加させるため、心筋梗塞や狭心症に効果。
腎臓動脈の血流量を増加させ、血圧降下作用があり、血圧の安定にも有効。


慢性腎炎・腎臓病の漢方薬丹参/ 東京都目黒区 漢方薬局 桂林堂薬局

漢方のことなら、東京都内で実績30年の
有名漢方薬局・桂林堂薬局にすべてお任せください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です