toggle
漢方薬は(東京都)目黒区で創業30年の有名漢方薬局・桂林堂薬局までお気軽にご相談下さい
2019-02-08

膀胱炎も漢方薬では温めて改善|漢方薬局 桂林堂|東京都

膀膀胱炎も漢方薬では温めて改善

胱炎は、大腸菌などの腸内細菌が尿道をさかのぼって膀胱で増殖して起こる病
気で、腸内細菌は、大腸・直腸にすんでいる菌ですので、肛門やその周囲には必ずいて、過労や下半身が冷えたりすることで菌が増えて膀胱炎を発症します。

尿道、膀胱、腎盂へと侵入していきます。女性が、膀胱炎や腎盂腎炎をよく起こすのはこのためです

排尿痛・残尿感・下腹部痛・頻尿・尿混濁などが、膀胱炎の特徴的な症状です。

尿が近くなり、トイレから帰ってきてもまたすぐ行きたくなったり、尿をしたあともまだ残っている感じ残尿感がしたりする症状ではじまります。
このため、免疫力が充実し、下半身が十分温められていれば膀胱炎は起こり難くなります。

そこで漢方薬では

下半身の血流を良くしながらといった作用・働きのものが多く
女性の膀胱炎には漢方薬が適切だと思います

当帰芍薬散は体を温めてながら膀胱炎を予防

2000年前の医学書、金匱要略記載、体を温めて血流を改善する漢方処方です
痛みをやわらげたり、貧血症状やホルモンバランスを整える効果も期待でき、排尿を促進して水分の代謝異常を改善する効果もあり、この作用は膀胱炎の症状、
頻尿や残尿感・排尿痛・下腹部痛を改善します。
体の疲れ・冷え性・生理不順・生理痛・貧血症状・不妊症・習慣性流産・むくみ・頭痛・めまい・肩こり・目の周辺のくま・更年期障害・下腹部痛・ネフローゼ・浮腫み・慢性腎炎・高血圧などに使用されています。

八味地黄丸も下半身の冷えから起こる膀胱炎によい

腎陽虚タイプの膀胱炎に利用、身体機能が低下していて、下半身の冷え、脱力感がつよい症状に用います。年をとるにつれ腎精が少しずつ減り、高齢の腎陽虚タイプは、足腰軟弱で、体力も低下し、顔色もすぐれず、下半身の冷えをともなうときに適応します。
腎機能低下にともなう頻尿・残尿感・夜間頻尿・排尿、乾燥肌のカユミや湿疹などに用います。
 

膀胱炎排尿痛残尿感の漢方薬/ 東京都目黒区の漢方薬局 桂林堂薬局

漢方のことなら、東京都内で実績30年の
有名漢方薬局・桂林堂薬局にすべてお任せください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です